FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホとテレビ

Category : インコ暮らし

「鳴ってる・・・板が鳴ってる・・・」

アニメ血界戦線のエンディングが好きすぎて、エンディングテーマの「シュガーソングとビターステップ」をスマホで購入してしまいました。滅多にしないんですけどね・・・
放鳥中に聞こうとi-Phoneで再生したら、ニキもトリルも ギャー!と鳴きながら一斉に飛び立ってしまいました。あ、ごめん。音大きすぎた。突然鳴りだした大きな音にびっくりしたらしいです。(^^;
しばらく鳴り続けるスマホの様子を見守っていた2羽、最初におそるおそる近づいてきたのはニキでしたが、それを見たトリルがすぐさま
「あたちが! あたちが見るんだから!」
ニキを蹴散らしてスマホの上にどっかり陣取ってしまいました。


「なんか動いてるよ」



ガジガジガジガジ



うぎゃーぎゃー! ぎゃぎゃぎゃっぎゃー!

音楽と張り合っているつもりなのか、叫び続けていました。足で画面ふみふみ、クチバシでカミカミするもんで、音楽は早送りになったり戻ったり跳んじゃったり、もうむちゃくちゃー。スマホ画面、鳥の足に反応しすぎ。(^^;
お、でもこの様子だと、音楽を聞かせ続けたら、そのうち音に合わせて踊るようになったりするかな。
音楽に合わせて激しくヘドバンしながら踊ってるオウムの動画って、よく見ますよね。あれ目指そうかしら。



「ボクも鳴る板には興味あるけどね。トリルがいるから行かないの」
相変わらずトリルに近づきたくないヘタレのニキ。離れたところで黙ってトリルの奮闘を見守る・・・。


そんなニキにも今日は初体験が。


「の、の、乗りました! 乗りました!」



「んーと、ここは・・・」

テレビの上です。我が家に来て1年と3か月目にして初めてニキがテレビの上に! おっそぃ・・・(・_・;)
んでも乗っちゃうとうれしかったようで、目をくりくりさせてお得意の「うれちうれち♪」ポーズやってましたよ。未踏破の場所を征服した喜びなんでしょうねー。



「へへん♪」

ちょっと得意そう。
ニキちゃん、またひとつ大人になったね!(違)


にほんブログ村 鳥ブログ 中型インコへ  にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ  
スポンサーサイト

まだまだ遠い2羽の距離

Category : インコ暮らし


パパの手の中でセルフカイカイご満悦のトリル。鼻にホワ毛がついてますが。(笑)
最近のおしゃべりブームは、「やちゃちくね(やさしくね)」
手にじゃれついてカプカプしだすと、トリルのクチバシはとっても痛い。どうもニキに比べるとクチバシが薄くとがっているようで、かなり痛いのです。最初のころに比べるとずいぶん手加減は覚えてくれたようなんですが、まだ痛い。
「トリルちゃん、痛い! ダメ! やちゃちくしてね。やちゃちくね。」
と言っていたら、この言葉を覚えてしまいました。
最近は、私が「痛い!」と言うと、すかさず
「やちゃちく。やちゃちくね。」
分かってんじゃん・・・(・_・;)

ところで、



ニキとトリルの関係を端的に表した写真がこれ↑です。2羽は仲良しではありません。
トリルはニキと遊びたくて一生懸命近づこうとするのですが、いつもニキが、「こっちくんな!」と怒ってガウる。
最初の4か月間、ニキは我が家でひとりっ子を満喫していましたから、あとから来たトリルを邪魔者扱いするのは仕方ないっちゃ仕方ないんですが。
はじめのころ、とにかくヒナあがりのトリルを傷つけられるのが怖くて、ニキがトリルにクチバシをカッとあけてむかっていくたびに、
「ニキちゃん、だめ! ガブはだめ!」
大きな声で怒っていました。怒られるとニキは立ち止まって、いつも困った顔をして私の顔をまじまじと見返していました。
「だめなの・・・?」
途方に暮れたようなその表情がまた可愛かった。

その後、注意深く見ていると、トリルにガウっと向かっていっても、ニキは噛みつきはせず、クチバシでドン!とトリルの体を叩くだけ。これ、「噛んじゃダメ」を教えた後、ニキが私たちに対して始めた行動と一緒です。何か言いたいときはガブっと噛むのではなく、ドン!と私や夫の頬をくちばしでたたく。全然痛くありません。
もしやニキは、パパやママと同様、トリルも噛んじゃダメなんだと理解してくれた・・・のかな??
ニキがトリルの足を狙いに行くとさすがにハラハラして、「ニキ、足はだめ!」とまた怒るんですが、先日ちょっと様子を見ていたら、トリルの足をそっとくわえて持ち上げてました。・・・それだけ。 トリルの方は、ギャー!と派手に悲鳴を上げてましたが。(^^;;;
どうもヘタレのニキくんは、基本平和主義者のようです。さすがヘタレ。良い子のヘタレ。

以前はニキにガウられると飛んで逃げていたトリルも、最近は「兄ちゃん、怒っても痛いことしない」と分かってきたようで、ズンズン怒っているニキに近づいていくようになりました。
それがね、
「やちゃちく(優しく)。やちゃちくね。やちゃちくね」
と言いながら、胸張ってどんどんニキに迫っていくんですよ。お前はまったく・・・(^^;


「な、な、なんか来るんですけど」


「にーちゃん、あちょぼ。カイカイしたげる」
「いらん!」


{なんでー!」

逆切れするトリル。ニキ、たじたじ。最後にはニキが他の場所へ逃げます。
にーちゃんの威厳はどこへいった。すっかりトリル優勢。

トリルはニキとベタベタイチャイチャしたいらしい。やっぱウロコですねー。とにかくくっつきたがる。
たまに、ニキが油断してほかに気を取られている隙に、すすすっと近づいてニキの頭をクチバシでカキカキしたり、時にはただぴたっとニキの体に寄り添って嬉しそうにしていることもあります。すぐにニキに気づかれて、
「おまえなにしてんだよ! あっちいけよ!」
と追い払われますが、追い払われても追い払われてもあきらめないところが健気っつーか、やっぱりウロコ。
えと、ウロコインコ、あきらめませんよね・・・しつこいですよね?(小さい声)

最後は奇跡の一枚。
2羽そろって洗面所で水浴びした後、水浴びで大騒ぎー! 大興奮ー!のどさくさに紛れて、うっかりトリルの至近距離への接近を許してしまったニキの図。


「にーちゃん、(水浴び)やりすぎじゃね?」

バットマンのコスプレして喜んでいる彼氏を、冷めた目で眺めている彼女風とか。

にほんブログ村 鳥ブログ 中型インコへ  にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ  

パパの手しょって -ニキお迎え話とともに-

Category : インコ暮らし


首のまわりの羽根をふくらませて、エリマキインコ。
パパの手しょって、まんざらでもなさそうなニキ。





どころか、一生懸命背伸びして、ぐいぐい背中をパパの手に押し付けてくるので、



「ふへへ♪」
ちょいとつぶされた。(笑)



寝るんかい!(^^;

私にカイカイされるのは大好きだけれど、はじめの頃はパパが手を差し出すと逃げていたニキ、めげないパパのしつこい努力のかいあって、今ではこの通り、パパに触れられるのも好きになりました。
ただし、カイカイはまだちょっとだけ。パパがカイカイをはじめると、
「もういいよー」
逃げてきます。(笑)
そして私に背を向けて、背中越しに私の顔を見て
「カイカイやって?」
黙って目で訴えます。まあ、なんて謙虚なんでしょ。
謙虚すぎて、時々サインを見逃します。(^^;


以前から、ニキを迎えた時の話をどこかで書いておきたいと思っていました。長くなるのでなかなか書けないでいたのですが、今日はその話をしたいと思います。

ニキとは、昨年の4月に大阪ミナミのとあるホームセンターのペットコーナーで出会いました。
当時私は、11年と半年一緒に暮らしたボタンインコを3か月ほど前に亡くしたばかりでした。可愛がっていた子を亡くして悲しい、という感情は一通り落ち着いていましたが、私は良い飼い主じゃなかったかも知れない、という後悔がぐずぐずと胸の中にくすぶっていて、もうインコを飼うのはやめようと考えていました。それでも時間が空くとついついペットショップに出かけ、ウロコインコやシロハラインコを見ては、ああ可愛いなあ、いやいや、私は鳥はもう・・・と自制する日々。

ある日、仕事の打ち合わせがあるという夫についてミナミへ出かけ、夫の打ち合わせが終わるまで近くのホームセンターで時間をつぶしていました。中にペットショップがあるのを見つけてのぞいてみると、わずかに鳥類の姿が。チャノドメキシコインコ(ニキ)と、その隣にいたヒメコンゴウインコしか記憶にありませんが、他にいたのはセキセイインコくらいだったかな。ケージの前につけられた札を見ると、ニキは2歳3ヶ月、ヒメコンゴウも成鳥で、売れ時を逃した子たちでした。

ケージをしばらくのぞいていると、奥にいたニキは前の方に出てきました。それほど人を怖がっている様子はない。むしろ遊んでもらいたがっている様子。でも手は怖いかな?と思いながらひとさし指をケージの中に入れてみると、さらに寄ってきて、なんとエグエグ。おやおや、吐き戻しくれたよ! 私のこと気に入ってくれた?
気になって、ケージの前から離れられなくなりました。

これまでに飼いたいと思ったインコはいろいろといますが、それは前述のウロコインコやシロハラインコ、マメルリハといった、姿かたちやしぐさの可愛い(と聞いていた)インコ達で、チャノドメキシコインコが私の興味をひいたことは一度もありませんでした。
それにこの子はもう2歳を過ぎている。今からなついてくれるかしら? ホームセンターのペットショップじゃ病気も心配。いやいや、それ以前に私はもうインコは飼わないって・・・
ぐるぐる考えているうちに打ち合わせを終えた夫がやってきて、気が付いたらニキのケージの前に夫を引っ張っていき、
「この子、どう思う?」
夫に聞いていました。つまり、飼おうか?と。(^^;

なついてくれるかどうかが一番心配だったので、店員さんにニキをケージから出して見せてくれるようお願いしました。それほど人を怖がっている様子はなかったので、ショップでも時々ケージから出して遊んでやっているんだろうと考えたのですが、店員さん、おもむろに奥から皮手袋を出してきて手にはめながら、
「この子、噛みますのでねえ・・・」 え? ええ?
「うちではケージから出したことはないんですよ」 ええええ?
店員さん、ごつい皮手袋をはめた手で、ケージの中のニキを追い回します。ニキはおびえて、キャーキャー鳴き叫びながら逃げ回ります。
先に亡くしたボタンインコが、この子は人の手が大好きな子だったのですが、それでも私が手袋をはめるとその手を非常に怖がったものでした。その記憶があったので見ていられなくなりました。ごつい皮手袋は、そりゃ怖かろう・・・。

「すみません、ちょっと私にやらせてもらっていいですか?」
店員さんに断わって、私が素手でケージから出してみることにしました。若い女性の店員さんは不安そうに見ていましたが、ニキは割合すんなり私の手に掴まってくれました。やはり素手の方が怖くないみたい。
更にケージから出して胸に抱っこしてみましたが、大人しい。手の中からじっと私の顔を見ている。噛みません。
「いけるんじゃない? ね、慣れてくれるんじゃない? ね?」
夫を見上げて言いました。決まり、です。夫、苦笑い。(^^;

それまで入っていたケージも一緒につけてくれるというので、持ち帰るために店員さんにニキの入ったケージのまわりを段ボールで囲ってもらいました。
「ちゃーちゃん(ニキのショップでの呼び名)、良かったねえ~」
ニキに話しかけながら、ニコニコ作業をしている店員さん。それを眺めながら、私、不覚にも涙ぐんでしまいました。この子がうちの子になるんだと思うと、うれしくて。ほんとにうれしくて。
こんなに新しい子を迎えることが嬉しいとは・・・先の子を亡くして、私、自分で思っていた以上に寂しかったみたいです。

というわけで、まったくの衝動買いでニキは我が家にやってきました。
それまでにもショップをめぐって可愛いと思える子には何度か出会っていたのに、「飼おう」とは思いませんでした。でもニキは「迎えたい」と思わせてくれた。会えてよかった、と思います。私がニキを選んだんじゃなくて、ニキが私を選んでくれたのかな、なんて思うこともあります。
夫は、「ニキ、あの時ママの手にエグエグしてよかったな~」
とニキに話しかけてますが。
そか、初対面エグエグの効果か。私が単純ってことか。(^^;

ニキはそれまでずっとケージの中で過ごしていたというだけあって、最初はケージから出ても何もできず、ただただぼーっと私の肩にとまっているだけのお地蔵さんでした。が、少しずつ、少しずつ、まわりのものに興味を示し、恐る恐る近づいてみるようにもなってきました。1年後にはもっと自由に我が家の中を飛び回れるようになっているんだろうな、まだまだ変わっていくんだろうなと、今からとても楽しみです。
最初は尻込みしていたパパの手も、こんな風に楽しめるようになったんだもの。ねえ?



「まんじゃらでも・・・ない・・・♪」

にほんブログ村 鳥ブログ 中型インコへ  にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ  

すっぴんジュースと龍神温泉

Category : おでかけ
トリル、みかんジュースおいちー♪
「おいちー♪」

ニキ、ジュースごくごく
「ぼくも・・・」

ニキ、ジュースうまー♪
「んまー♪」

ニキ、おいしくて頭が膨らみかけてます。興奮すると頭が大きくなるんですよね。(笑)
2羽が飲んでいるのはこれ。↓

すっぴんみかんジュース

和歌山産、すっぴんジュ~ス! みかん100%のジュースです。お出かけした時に2羽へのお土産に買ってきました。
と言っても、ほとんど私が飲んじゃいましたけど。(^^;


今日はお出かけ報告なので、写真多いです。長いです。すみません。
ゴールデンウィークの初日5月2日に、龍神温泉に出かけてきました。
「日々の疲れを癒したい・・・」と、相方のたっての希望でございます。疲れなら私もこってりたまっております。大賛成。

龍神温泉

圧倒的な緑に囲まれると、木々の生命エネルギーがトクトクと体の中に流れ込んでくるような気がしますね、いやほんと。
昔一度行ったときには龍神温泉はまったく田舎で田舎で。まさに秘湯という雰囲気でした。コトコト電車に乗って、駅から1時間に1本しかないバスに乗り換えて更にコトコト。今でもそうなのかしら?
今回は車だったのですが、道はきれいに整備され道幅もゆったり。曲がりくねった未舗装の地道を走る覚悟で向かった私たちはちょっと拍子抜け。
「これもう、秘湯って感じじゃないねー」
なんて話しながら、気持ちのいい、快適なドライブでした。


秘転(湯)

秘湯、転んで秘倒となる。なんちて。


ほったて小屋

たまたま見かけた「お食事処ほったて小屋」の看板に誘われて急な階段を登って行ったら、その上にはほんとにほったて小屋があって(^^;

ほったてランチ

でも、おばあちゃんが出してくれた山菜の煮物ランチは素朴でことのほか美味しかった。冷奴の上に載っているのは金山寺味噌です。
写真には写っていませんが、あまごの塩焼きもいただきました。これがもうジューシーで柔らかくて美味しくて絶品♪ 頭の先からしっぽまで、残さず全部いただいちゃいました。

食後、龍神温泉元湯旅館でゆっくり美人の湯につかり、ほっ・・・
龍神に至る道路は綺麗すぎて秘湯に向かうイメージではなかったけれど、着いてみたら町並みははやっぱり古くてひなびた雰囲気で。ほっこり癒されてきました。


龍神温泉 吊り橋

温泉のあと寄ったダム湖の吊り橋。龍神には吊り橋が多い。


龍神温泉 ダム湖

ダム湖の景色。緑と水のエネルギー、いっぱいもらってきました。パワー充填!


もんぺとくわ

帰り道、温泉宿で知ったパン工房「もんぺとくわ」に寄りました。天然酵母を使って石窯でパンを焼いているパン工房で、保存料も使っていないんだそうな。有名なお店だったようで、私たちが着いた時にはパンは全部売り切れていました。美味しいパン、好きなんですよね。ショック。
仕方なく残っていたケーキを買ってきましたが、これがおいしくてね。素朴でもっちり、でもなめらか。こんなケーキなら私も焼いてみたいと思ってしまいました・・・お菓子なんてほとんど作ったこともない人間が、なんて不遜な。


トリル、ケーキを狙う
「これも食べていい?」

出たな、食いしん坊。それはダメ。そのケーキはママとパパの。


トリル、ケーキもらえない
「欲しいです・・・」

そんなしおらしい顔してもダメです・・・(決心がゆらぐからヤメロ(^^;)


にほんブログ村 鳥ブログ 中型インコへ   にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ  

落花生まつり

Category : インコ暮らし
落花生まつり

我が家でたまに開催される、落花生まつり。
まだ3度ほどしかあげたことはないけれど、殻つき落花生はすっかり2羽のお気に入り。テーブルの上においてやると、ニキは目ざとく見つけて走ってきます。

ニキ、うまうま♪
「うまうま・・・」

ニキ、うまいよー
「うまー♪」
可愛い顔して食べてるな~(^^)

でもたいていニキは、ひとつの殻にふたつ入っている落花生のうち、ひとつ食べると満足するんですよね。ひとつは残す。で、残ったひとつを狙ってやってくるのがこの方↓。

トリルもうまうま♪
「あたちも食べるよ。いくつでもおっけー」

というか、ニキはひとつぶずつちゃんと手に(足に)持って丁寧に食べるんだけど、トリルはもともと食いしん坊なうえに食べ方が荒くて。(^^; ちょっとかじっちゃその辺に撒き散らして、また新しいのを欲しがって、と際限がない。実際に口に入っている量はたいしたことないんでしょうが、もっともっとー!と欲しがります。

トリル、なんかへんなの・・・?
「ん? なんかこれへんよ?」
はい、食いしん坊トリルにパパが対策をたてました。

トリル、中身ないのー!
「中身ないのー!!」

殻だけです。(笑)
でも殻だけでもけっこうかじるの楽しんでますね。楽しそうにバリバリやってます。(^^)


にほんブログ村 鳥ブログ 中型インコへ   
 にほんブログ村
プロフィール

 ニキニキ

Author: ニキニキ
元スキューバダイバー、元フラダンサー、ゆるーいアニオタ。
2羽のコニュアと夫と暮らしてます。
動物全般大好きですが、2014年に今の子たちを迎えて鳥クラスタを自認しました。やっと。

ブログランキング
ランキングに参加しています


にほんブログ村 鳥ブログへ
 にほんブログ村

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。